読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TEMA-NUKI Days

かんたんべんりにくらすためのちいさなライフハックなど

ティファールのフードカッター「フレッシュエクスプレス」がピンポイントにいい感じ

 

ティファール フードカッター フードシュレッダー 「フレッシュエクスプレス」 MB755GJP

たぶん商品名の検索で辿り着かれる方が多いとは思いますが、念のため商品紹介を。
この製品は、野菜の千切りやスライス、チーズやチョコレートを砕く、などの作業を電動で行える調理家電です。

で、最初に個人的な見解を明示しておきますが…このフードカッター、「にんじん」「大根」にとてもいいです!

さらに言うなら「千切り(細め&太め)」がとてもいいです!

なお詳しい使用感などは公式サイトにて動画などでわかりやすく説明されていますので、ご参考までに。

www.club.t-fal.co.jp

ただ…Amazonレビューの評価、あまり高くないんですよね。

で、高くない理由もわかります、正直頷けてしまいます。

というわけで、実際にこのカッターを酷使(笑)しているわたし的に、どこが良くてどこがうーん…なのかを、以下挙げてみますね。

 

良い点・使える点

にんじん&大根の千切りがとてもラク


もともとにんじんの千切りが目当てで買ったので、これだけでわたしはもう大満足。

にんじんのきんぴらやにんじんしりしり、にんじんと糸こんのツナ炒めなどなど、日持ちのする根菜+旦那の好物、という二つのパワー(笑)で我が家のにんじん登場率はおそらく野菜トップを誇ります。
でもわたしはどうも不器用&ちょっと刃物恐怖症(大怪我で大手術してからなぜか刃物が少し怖くなってしまいました…)なので、にんじんの千切りはなかなか苦痛で。
手動のスライサーも3回くらい買っては試すを繰り返してみたのですが、力の入れ加減が難しいのと、あれもやっぱり刃物恐怖症にはちょっと怖いものなんですよね…

そんなときにこのカッターの存在を知って、電動で千切りしてくれるなんて素晴らしすぎる!ってもう即買いしました。

で、実際やってみると…これがほんっっっっとうにラク!
本体を出してコンセントに差し込んで、5つあるカッターの中から千切り用を選んで装着。
あとは皮を剥いて適度な大きさに切ったにんじんを野菜投入口から押し込みながらスイッチを押すだけ。
スイッチを押している間中カッターが回転するので、ぐーっと押し込んでいけばあっという間に千切りができあがります。

一度旦那の前でこの作業をしたところ、目をキラッキラに輝かせながら「今度やってみたい!ストレス解消になりそう!」って言ってました(笑)
確かにそんな爽快感もある楽しい作業なので、ついつい使っちゃうんですよね~。

これは大根も同様で、大根サラダなどが気軽に作れてしまいます。
不器用なわたしが包丁でぎこちなく千切りを作るあの不揃い感(笑)やもたもた感に比べたらめっちゃきれいで早くて、もう自力には戻れません…(笑)

 

手入れもラク


カッターと野菜投入口をサッと洗うだけで終わり!
あとはたまに本体を水拭きするくらいでいいのではないかと…わたしがずぼらなだけかもですが…

さらに収納も、5つのカッターをまとめて本体に装着する形でしまえるようになっているので、とてもコンパクト。
超めんどくさがりなわたしでも簡単、って思えるレベルなので、たぶん手入れ&収納はかなりラクなのでは…?

 

使いづらい点

野菜の投入口が小さい


これ!これがたぶんみなさんがっかり&不満な点だと思います。

円筒形ですらない…かまぼこ型?の野菜投入口は、直径が約5cm弱。
細めのにんじんを入れるのがやっと…大根は絶対無理ですよね。キュウリは楽勝かな…うちはあまり使ってませんが。
そして千切りといえばキャベツでしょ!のキャベツに至っては、どうやってこの投入口に入れたらいいか見当がつきません…

にんじんは3~4等分くらいすれば横向きにも入れられますし、大根もラクに千切りがしたいから小さく切り分ける手間をかけてもいいかな、と思えます。
でもキャベツは…投入口に入るサイズに切り分けてるうちに、自力で千切りができちゃいそう…?

千切りだけじゃなく、薄切りするためのカッターもあるのですが、これも野菜を投入口に入るサイズに切り分けることを考えたらあまり使う気になれません。
玉ねぎは公式でもくし切りにして入れてるみたいですし、でもそこまでするなら自分でざくざく切っちゃうかなぁ。
クリンクルカットっていう、波打ったようにスライスできるカッターもあって、これでじゃがいもを切ってジャーマンポテトなどにすると見栄えが良くていいんですよね~…でもじゃがいもをまず投入口に入れるために小さく切り分けるのがめんどうで、一回だけやってもうあとはやってませんし…

 

大根おろしができない


「砕く&削る」用のカッターはあるのですが、大根おろしはできない模様。
ここがとても惜しい…なぜ大根おろしができない…日本のメーカーじゃないからかなぁ…

大根おろしができるだけでも、だいぶ評価は上がる気がします。
あれもめんどうですもんね…機械でガーッとできたらどんなにラクか…
オプションで大根おろしカッター作ってくれたら追加で買います、マジで。

 

にんじんと大根の千切りに特化したグッズ?


あ、あとキュウリのスライスも、かな。

形状と手間を考えると、この3つあたりが最も効率のいいものなのではないかと。
これ以外の作業は、自分の手でやった方が早いわ~ってなってしまうように思います。

で、わたし個人は、何よりもにんじんと大根の千切りが主目的だったので、ちょうどニーズにぴったりで大満足だった、と。
このお値段出しても全然後悔はないですし、元を取る以上の頻度で使っていると思います。

逆に、それだけの機能のためにこんな手間をかけたくない、置き場所も割きたくない、お金ももったいない、っていう意見もすごくよくわかります…というかそちらの意見の方が多いですよね、きっと。

ものすごく用途を選ぶグッズだと思いますが、ど真ん中の人にはとても便利―― そんなグッズだと思います。
発想や使い勝手はとてもいいと思うので、もうちょっと日本人のニーズに合った、使いやすいカッターができたらいいなぁ…

広告を非表示にする